人民新聞社・オリオンの会への弾圧抗議!集会

rIMG_3881

2018年2月24日、件名の集会が行われました。
以下、当日の写真と共に配布された資料から抜粋。

rIMG_3810


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


冒頭意見陳述


山田洋一
 
rIMG_3819

起訴事実に対する認否に先立ち、これだけは申し述べておきたいと思います。

それは、この裁判自体が茶番だということです。公安当局が私を逮捕し、起訴に持ち込もうとした本当の狙いは、レバノンにいる岡本公三氏に対する 私の支援を邪魔し、阻止することにありました。岡本氏が、イスラエルにとっては当然のこと、その同盟国アメリカにとっても憎き「テロリスト 」であり、日本にとっても国外で重大犯罪を行った国外逃亡犯だからです。  

公安当局の意を酌んだ検察官が、姑息にも「本当のねらい」をズラし、実質的に被害者のいない詐欺で公判を請求したという意味で、本件裁判はまさに茶番です。

しかも、検察官は、罪証隠滅・逃亡のおそれという、あり得ない可能性を言い立てて、仮に私が有罪としても、罪の重さに到底匹敵しない、数か月にもわたる勾留生活を私に強い、私の行動の自由を奪つて、刑の執行を先取りさせていることに強く抗議します。

加えて、本件の大きな問題は、公安当局が、私の容疑にかこつけて、人民新聞社のガサイレを行い、PCを全て持ち去るなどして新聞発行の妨害をも目論んだことでした。公安当局が目論んだ新聞発行の妨害は、戦前の治安維持法下における言論弾圧を彷彿させる明らかな暴挙です。これらの一連の「犯罪捜査」に名を借りた公安当局の行為こそ、政治活動の自由、言論の自由に対する挑戦であって、人権と私の尊厳を踏みにじる犯罪的行為であり、断罪されるべきです。 悲しいことに、人権の砦であるべき裁判所もが、これらの警察・検察の暴挙にお墨付きを与え、容認し、今も協力していることに強く抗議します。

詳細な私の主張は、この裁判手続きにおける別の機会に譲るとして、公訴事実に対する意見を要点のみ述べます。 まず、新生銀行に口座開設してキャッシュカードを騙し取つたという詐欺容疑については無罪です.私は誰も騙していません。新生銀行の口 座は開設時から 昨年11月21日、すなわち私が逮捕される日まで、一貫して私が管理してきました。残高が0にならないように常に出入金を確認・補充し、インターネット バンキング用パスフレ ーズの定期的変更を行ってきまし た。私は、第三者にキャッシュカードを使用させる目的で、新生銀行の口座を開設したことなどなく、あくまで私が使用する目的で新生銀行の口座を開設し、キャッシュカード の交付を受けたものです。

第三者が私のキャッシュカードを使用したとしても、その第三者は単なる私の使いに過ぎず、私のコントロール下にあり、私の意に完全に従う者です 。

私には、罪を犯したという認識は全くありませんし当然、反省の意思も全くありません。私は人倫に反することは行っていません。

岡本氏は 過酷なイスラエルにおける 拷間で精神を病み、帰国も叶わず、今なおレバノンで闘病生活を送っています。どんなに公安当局が邪魔しようと、 私は異国の地で病気と闘う岡本氏ヘの生活支援を、裁判の間も判決後も 続けていきます。

最後に、これだけは、はっきりと宣言しておきます。

以上
rIMG_3808


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦争準備に向けた治安弾圧を打破しよう!

― 2・24反弾圧集会アピール  オリオンの会

<岡本公三支援「オリオンの会」と反弾圧>

 「オリオンの会」は1972年5月30日にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)との共同作戦である「イスラエルリッダ空港闘争」を奥平、安田戦士とともに戦い「オリオンの三ツ星になりたい」といった岡本公三さんの闘病と生活支援をベースにした運動である。

一人生き残り、イスラエルの捕虜となり、1985年捕虜交換によって釈放された彼は、拷問と長期の獄中生活によって統合失調症を患っていた。

2000年にはレバノンに政治亡命を認められたが、彼の闘病と支援は現地の人たちの献身的介護と、それを支えてきた個々人の財政的負担で何とか維持されてきた。

そうした中で私たちは、亡命当初、支援活動を行っていた「オリオンの会」を再始動するべく2015年のリッダ闘争43周年5・30集会を行い、さらに組織性を回復することによって毎年5・30リッダ闘争集会を主催するに至ったのである。ちなみにレバノン現地でも岡本公三さん参加の下にPFLP主催によるリッダ闘争記念集会が行われている。

 反弾圧運動の一翼である「オリオンの会」は、岡本公三さんの生活支援のカンパ要請を基軸にしながら、資本主義の延命のために戦争準備をしている安倍政権の基地強化、貧困差別の強要、共謀罪などの治安弾圧強化に反対し、抗議行動に積極的にかかわってきた。

 沖縄辺野古新基地建設、原発再稼働、集団自衛権行使容認、「共謀罪」制定など私たちは安倍自民党政権のむき出しの暴力を現認している。目の前で戦う仲間が警察・機動隊に確保されるのを見て怒りを覚えない者がいるだろうか。抑圧され排除され、棄てられる民を防衛し、ともに戦うことが<反弾圧>運動の原点である。


<岡本公三さんの国際指名手配を取り下げることが前提である>

 現在も繁華街や交番や駅頭に「日本赤軍国際手配書」が7人の顔写真入りで掲示されている。しかしそこには「罪名」が明示されていないことにお気づきだろうか。支配階級にとって「日本赤軍」ということだけで犯罪なのである。1970年代に「あなたの隣に爆弾犯がいる」としてアパートローラー捜査が行われ、「赤軍罪」と言われるほど、反体制運動存在そのものをが「罪」であるという治安弾圧が行われていたことを私たちは忘れていない。今回のオリオンの会関係者への強制捜査、人民新聞社に対する弾圧と逮捕はその延長に他ならない。

 思い返してほしい。1972年リッダ闘争はパレスチナ解放闘争の一環として闘われた戦争行為である。銃口はリッダ空港守備隊に向けられたものであり、敵はシオニスト「イスラエル」であった。それ故イスラエルの軍事法廷で終身刑を受けており、1985年には赤十字の仲介によってジュネーブ条約の戦争捕虜規定に基づいて、捕虜交換手続きによって岡本君は釈放されているのである。そうであるがゆえに2000年には、レバノン政府により正式に亡命を認められ、現在もレバノンで友人に囲まれ、合法的に生活しており、何ら日本政府が国際手配する理由はないのである。友人として岡本公三さんの生活支援することは当然のことであろう。岡本公三さんを国際手配し、生活支援している友人たちを弾圧することは、丸岡修さんに対して治療を受けさせることもなく獄中で虐殺したことと同じように日本政府の純然たる政治的復讐以外の何物でもない。


<人民新聞の言論弾圧は「共謀罪」の先行適用に他ならない>

今や、植民地の消失、市場の飽和による産業資本主義の終焉を迎えている世界の支配者は金融資本の投機マネーの肥大化維持のために、「人権」「対テロ戦争」を旗印にしてまさにグローバルな新自由主義=新植民地主義として「全世界を獲得」しようとしている。安倍政権は、戦争法の強行成立によって、自衛隊を米軍とともに世界中に軍事出動させていくことを狙っている。それは、「対テロ」戦争という名の侵略戦争への参戦、PKO派兵部隊の軍隊化、南沙諸島海域への対中国軍事出動、朝鮮半島における共和国に対する戦争策動を準備し、沖縄辺野古基地建設強行、自衛隊武器と装備の強化を推し進めている。

その道筋は中央権力を肥大化し、地方自治を破壊し、貧困と格差を推し進め、日本会議などの民族主義・排外主義の台頭として表れている。過去の総力戦体制から国民的総動員システムへの歴史的回帰・転換を図らんとしているのである。

その前哨戦はフェイク(嘘)ニュースを武器にして、言論活動を弾圧することとして既に日々強化されている。東京MXテレビの沖縄フェイク、自民党青年部や産経新聞による沖縄新聞2誌へのフェイク攻撃、朝日新聞バッシングなど、一連の言論弾圧の流れとして、今回の人民新聞言論弾圧、編集長逮捕があることを確認しなければならない。その法律的実現が、現代の治安維持法と言われる「共謀罪=改正組織犯罪防止法」に他ならない。

私たちの弾圧されている獄内外の友人と連携した治安弾圧に対する戦いは、戦争のできる国造りに抗する戦いと連携したものに他ならない。賃金労働者だけではなく、すべての市民を生活苦・貧困化に追い込む新自由主義との戦いは、非正規労働者や、「いくら努力しても報われることのない」膨大な人々を基層として「新しい社会」を構築する戦いを展望していかなければならない。   

私たちの陣形は、差別と分断・排除という社会的壁や、国境という壁や、ヨルダン川西岸に築かれているパレスチナ分離壁に代表される人為的壁をも突破する民衆の国際主義に貫かれていることを確認しよう。

 オリオンの会は岡本公三さんの生活支援、健康維持を目的として活動を継続している。そのためにも多くの心ある友人からの支援、カンパ協力をお願いしたい。それを前提としつつ、反弾圧戦線の一翼として、丸岡獄死糾弾、城崎不当拘束糾弾を始めとする日本赤軍関係者に対する治安攻撃に対して反撃することを通して、民衆運動全体の前進に貢献していきたい。

rIMG_3790


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリオンの会 http://orionstar.jimdo.com/
ブログ オリオンの会 http://orion530.blog.jp/

岡本公三さんへのカンパは下記にお願いします
ゆうちょ銀行 10080-26778581  オリオンの会 
ゆうちょ銀行以外から振込む場合は
店名 008(漢数字ゼロゼロハチ) 
店番 008 普通預金口座 2677858   

人民新聞社・オリオンの会への弾圧抗議

オリオン・人民新聞 抗議弾圧集会

言論弾圧、共謀罪適用を許さない!

ただちに山田編集長を釈放せよ!
ふざけるんじゃない!岡本公三支援の何が悪いのだ!

早稲田奉仕園内・日本キリスト教会館4階
2月24日(土)午後6時より 資料代500円
【発言】
浅野 健一
 同志社大学大学院教授=地位確認訴訟中
 元共同通信記者、人権と報道連絡会世話人

足立 昌勝
 関東学院大学名誉教授
 救援連絡センター代表

人民新聞社
オリオンの会

 昨年11月、「詐欺容疑」で関西の人民新聞社と山田洋一編集長自宅、東京でオリオンの会関係者宅などの4ケ所が家宅捜索され山田編集長が逮捕されました。第三者に使用させる目的で銀行口座を開設し、キャッシュカードを騙し取ったというのです。この口座はレバノンに政治亡命している岡本公三氏の闘病生活支援のために使われています。しかし、起訴状にはその様なことは一切書かれていない。だがこの件を報じたニュースでは、日本赤軍への支援であるかのようなニュアンスで伝えられてもいる。今回の件から見えてくる報道の在り方や問題点を、浅野健一氏から話しをして貰います。

 また山田編集長の「詐欺容疑」なるものは「罪」にあたるようなものなのだろうか?!何らかの理由でキャッシュカードを他人に預けているケースなど、おそらく相当な数にのぼるだろう。それらが「詐欺罪」に問われているのか!否である。しかも逮捕から初公判までの3ヶ月間も勾留されている。異常としか思えない!足立昌勝氏からは、可罰的違法性についての話しを聞くことにします。

 これは世界の民衆の闘いを伝えてきた人民新聞社への弾圧であり、岡本さん達が闘ったパレスチナ解放闘争を支援する運動への弾圧である。まさに権力のなりふり構わぬ横暴な弾圧である!我々は黙っている訳にはいかない!大いなる抗議の声をあげ、闘わなければならない!


【共催】
オリオンの会 人民新聞社
人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会

連絡先 090-4843-4224(渡辺) 090-2745-5036(大越) 072-697-8566(人民新聞社)

11・21人民新聞社・岡本公三さん支援活動に対する不当弾圧への抗議声明

11・21人民新聞社・岡本公三さん支援活動に対する不当弾圧への抗議声明

             2017年11月28日  オリオンの会

 
 11月21日朝、兵庫県警により人民新聞社編集長Y氏の「詐欺」容疑なるもので東京のオリオンの会関係者宅2ヶ所が家宅捜索された。大勢の警察官が家に入り込み身体を捜索し、行動を監視、他と連絡を取ることを妨害し、ビデオ、写真撮影をしてパソコン、携帯電話、預金通帳や様々な書類を押収していった。Y氏は不当にも逮捕され、また家宅捜索されたうちの1名には任意出頭の要求が来ている。

 そもそもY氏の「詐欺」容疑は、報道によれば「他人に利用させる目的で、銀行に口座を開設しキャッシュカードを交付させた」というものである。

 しかしそんなことが詐欺にあたるのか!「騙して口座を開設した」など、何をもって断定できるのか!何らかのことでキャッシュカードを他人に預けたりしているケースなど、おそらく全国で何十万件以上にもおよぶだろう!それらが「詐欺罪」として問われているのか!  否である!

 今回の弾圧は、口座にある金がレバノンで引き出され、レバノン国で政治亡命者として生活している岡本公三さんの病気治療、生活援助に使われているのを阻止するためにあるのではないか!

 まったく不当であり、きわめて政治的な弾圧である。

 岡本公三さんはパレスチナ解放闘争に参加し、イスラエルに捕らえられ1985年国際赤十字の仲介による戦時捕虜交換で釈放された。獄中で精神を病み、釈放後は日本赤軍の人々と生活していた。だが、共にいたメンバーは逮捕され日本へ強制送還、岡本さんのみ政治亡命が認められレバノンで生活することになった。

 このとき日本政府は、イスラエルの軍事法廷の資料をもらい受け、改めて岡本公三さんを「犯罪容疑者」として手配した。しかし政治亡命者の身分は、国際法上にも規定されており、戦時捕虜として釈放された時点で罪は問われなくなっているのは国際的常識である。

 日本の国家権力が、国際法との矛盾を恥も外聞もなく遂行し続けているのである。国際法上では無罪と認められても国内法は別物で、「逃亡中の犯罪者」として追及し続けるという「一事不再理」(同じ罪を二度裁かない)に反するものに他ならない。

 日本政府はレバノンに政治亡命している岡本さんを「逃亡中の犯罪者」として、またその闘病生活を支援する者を、「罪びと」として扱いたいと思っているようだ。

 岡本さんの政治亡命を認めたレバノン国に対しても失礼極まりないことである。


〇岡本公三さんの闘病生活支援をしてきた人たちへの弾圧に
強い憤りをもって断固として抗議する!

〇人民新聞社、Yさんへの不当弾圧を糾弾する!

〇ただちにYさんを釈放し、押収したものを返せ!

〇岡本公三さん支援への妨害、弾圧をやめろ!

大道寺将司さん、お疲れさまでした。

jpg large


大道寺将司さん、お疲れさまでした。献杯!

5.30リッダ斗争45周年記念集会への招待 いま問う、リッダ斗争の意義を!

30
 45年前の5月、連合赤軍によるあさま山荘銃撃戦の後、同志殺しの衝撃が残る中、3名の日本人青年がイスラエル・テルアビブ空港を襲撃しました。

 この闘いは彼ら日本人戦士たちとPFLP(パレスチナ解放人民戦線)との共同作戦として行われ、ディール・ヤシン作戦と名付けられました。多くの死傷者が出たことによって、新聞・TVなどでは「日本人ゲリラ」「血に染まった空港」「空港乱射」など、凶悪なイメージで描き出されています。しかし日本国内の殺人者キャンペーンとは正反対に、アラブ現地では多くの人々が、各国政府、元首までもが彼らの闘いをたたえました。何千キロも離れた日本から来て、パレスチナ解放の闘いに身を捧げてくれたと。その国際連帯精神にアラブの人々は感動し称賛の声をあげたのです。

 45年後の今日、新自由主義、グローバリズムの矛盾が現れその結果として、貧富の差の拡大、移民・難民への排斥など、他者への寛容さが失われてきており、またISの活動などはじめ、世界各地で殺傷事件が起きています。偏狭なナショナリズムをあおりたて、人々のつながりを絶とうとしています。

 「テロリズム」「貧困格差」「ポピュリズム」などこれらの問題は、今日的課題であるばかりでなく、1972年リッダ闘争時にも問われていたことであります。国境を越えた民衆の国際連帯、その一つであるリッダ闘争をいま再度とらえ返してみたい。今年の5・30集会は、45年前この闘いをどのように感じたのか、そして今日どのように考えるかを皆さんで語ってもらいたい。また1970年以降の世代、団塊ジュニア以後の世代からも、どのように思い考えているかをクロストークしたいと考えています。


日時:2017年5月27日(土)17時30分~
場所:日本キリスト教会館4階会議室

東京メトロ東西線 早稲田駅下車5分、穴八幡宮裏
新宿区西早稲田2-3-18 早稲田奉仕園内

参加費 1500円 (軽飲食付き、持ち込み大歓迎)


主催 オリオンの会
http://orionstar.jimdo.com/

Mail
1972orionstar@gmail.com

ブログ オリオンの会
http://orion530.blog.jp/

連絡先
090-2745-5036 大越
090-4843-4224 渡辺

ギャラリー
  • 国境を越えた共存=共感を目指して  今、「赤軍―PFLP 世界戦争宣言」は民衆の武器たりえるか!
  • 国境を越えた共存=共感を目指して  今、「赤軍―PFLP 世界戦争宣言」は民衆の武器たりえるか!
  • 行動すること・共感すること・持続すること -5・14米国大使館・イスラエル大使館抗議行動報告(東京)
  • 行動すること・共感すること・持続すること -5・14米国大使館・イスラエル大使館抗議行動報告(東京)
  • 行動すること・共感すること・持続すること -5・14米国大使館・イスラエル大使館抗議行動報告(東京)
  • 行動すること・共感すること・持続すること -5・14米国大使館・イスラエル大使館抗議行動報告(東京)
  • 行動すること・共感すること・持続すること -5・14米国大使館・イスラエル大使館抗議行動報告(東京)
  • 行動すること・共感すること・持続すること -5・14米国大使館・イスラエル大使館抗議行動報告(東京)
  • 5.30 リッダ闘争46周年集会